膀胱炎治し方

医師や専門家が深く詳しく解説します

膀胱炎治し方

医師や専門家が深く詳しく解説します

「膀胱炎の治し方」はどうするの? 女性に多いって本当?

公開日
更新日

 
執筆:大見 貴秀(医師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
膀胱炎は男性より女性に多い疾患です。症状は、尿の濁りや排尿痛、頻尿などが挙げられます。
 
膀胱炎が進行すると血尿や慢性的な下腹部の痛みといった症状が発生するようになり、日常生活に支障をきたします。
 
膀胱炎自体は誰でもかかる可能性のある疾患です。そこで今回は「膀胱炎の治し方」について解説していきます。
 
 

膀胱炎とは?

 
膀胱炎は、大腸菌や腸球菌、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌な尿管を通って膀胱内で繁殖し、膀胱内の粘膜が炎症を起こしてしまう病気です。
 
中にはクラミジア(性感染症)によるクラミジア膀胱炎のこともあります。炎症が起こることで排尿時の痛みや尿の濁り、頻尿などといった症状が現れます。
 
男性の場合は外陰部があるため尿管が長く、細菌が膀胱へたどり着くのが難しくなっています。それに対して女性は尿管が短く尿道が肛門や膣に近いため細菌が膀胱に辿り着きやすくなっています。そのため女性は男性に比べ膀胱炎になる割合が高くなっています。
 
健康な状態であれば免疫機能が働くため、膀胱に細菌が辿り着いたとしても膀胱の感染防御のしくみにより、膀胱炎を発症しません。
 
しかし、疲労やストレスによる免疫力の低下、洗浄不足による不衛生といった理由により、細菌が繁殖しやすい環境が生まれ、膀胱炎を発症します。
 
膀胱炎は急性膀胱炎と慢性膀胱炎に分けられますが、一般的に膀胱炎と言えば急性膀胱炎を指します。
 
 

スポンサーリンク



膀胱炎の検査方法と診断内容について

 
まず、下記が病院を受診したときの検査方法です。
 

  • 1. 紙コップに尿を採る。
  •  

  • 2. 尿を顕微鏡でみて、白血球が増えていれば膀胱炎となる。結果はすぐ出る
  •  

  • 3. 尿の細菌の種類を培養して、どの抗生物質が効くのかをみる。結果が出るまでに3~4日かかる。
  •  

  • 4. 膀胱炎を繰り返すときなどは、超音波検査を行い、腎臓、膀胱に異常がないかを確認する。

 
膀胱炎にかかっているかを診断するために、まず必要なのが尿検査です。
 
尿検査では、次のことを調べます。
 

尿に含まれる白血球の数がどのくらいか

 
尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道に炎症が起こると、尿に白血球が混ざっているのが確認されます。
 
顕微鏡で1視野あたり5個以上の白血球がみられる尿を「膿尿(のうにょう)」とよびます。
 
膀胱炎で膿尿がでるのは、細菌と戦った白血球の残りかすが尿へ出ていくためです。
 
 

尿に細菌がいるか

 
尿中に細菌がみつかれば、「急性膀胱炎」と診断されます。
 
ただし、細菌がみつからない場合でも、膿尿があれば急性膀胱炎の治療を行うことがほとんどです。
 
これは、膿尿から細菌感染の可能性が予測できるためです。
 
 

追加の検査が必要な場合

 
膀胱炎を疑って治療を始めても治りにくい場合や、治ったと思ってもすぐに再発をくりかえす場合、また過去に泌尿器系の病気になったことがあるなど医師が必要と判断する場合には、追加の検査が行われます。
 
なぜなら、このような場合には、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」や、男性の場合は急性前立腺炎、急性精巣上体炎など急性膀胱炎以外の病気の可能性も考えられるからです。
 
そのため、必要な場合に追加の検査をし、診断名をつけます。
 
追加の検査では、まず、どのような細菌に感染しているのかを特定するために「尿培養検査」が行われます。尿培養検査では血液検査を行い、炎症反応をみます。
 
また、膀胱炎をくりかえしたり、悪化している場合には高熱がでることもあります。
 
そのようなときには、「血液培養検査」という血液検査を行うこともあります。
 
この検査により、尿路の細菌感染が血液を通して全身に拡がっていないか、調べます。
 
そのほか、超音波検査をすることもあります。また、場合によっては腎臓・膀胱のレントゲン撮影を行って膀胱に尿が残っていないか(残尿の有無)を調べたり、膀胱や腎臓の形状に異常がないかを調べます。
 
追加の検査によって詳しい診断がつくと、それに沿った治療をすすめていくことになります。
 
また、上記のような追加の検査は、膀胱炎の感染源である細菌を特定し、効果的な抗生剤の選択を可能にします。

 
 

膀胱炎は急性膀胱炎と慢性膀胱炎に分けられます。
 
一般的に膀胱炎と言えば急性膀胱炎を指しますが、この2種類の膀胱炎の治療の方法について以降の項目で解説していきます。

 
 

急性膀胱炎の治療法

 
半年間で複数回の膀胱炎が発症する場合は、慢性膀胱炎の可能性があります。
 
急性膀胱炎の治療が完了しておらず再発する場合と、尿管や膀胱になんらかの基礎疾患があり、それが原因となって発症する場合があります。
 
適切な治療を行うためには原因追及のための尿検査が必要になります。
 
細菌が原因となっている場合は急性膀胱炎と同じく抗生物質、抗菌薬の内服により治療を行います。なんらかの基礎疾患による慢性膀胱炎の場合はその基礎疾患の治療を行います。
 
慢性膀胱炎を引き起こす基礎疾患として、膀胱結石や糖尿病※1、腫瘍、尿路結石※2などが考えられます。
 
※1編集部注:糖尿病の原因と治療については、以下の2記事をご参照ください。
 
(1)糖尿病原因.top
 
(2)糖尿病治る.top
 
※編集部注:尿管結石の原因については「尿管結石の原因 ってなに?」をご参照ください。
 
 

スポンサーリンク



慢性膀胱炎の治療法

 
半年間で複数回の膀胱炎が発症する場合は慢性膀胱炎の可能性があります。
 
急性膀胱炎の治療が完了しておらず再発する場合と、尿管や膀胱になんらかの基礎疾患があり、それが原因となって発症する場合があります。
 
適切な治療を行うためには原因追及のための尿検査が必要になります。
 
細菌が原因となっている場合は急性膀胱炎と同じく抗生物質、抗菌薬の内服により治療を行います。なんらかの基礎疾患による慢性膀胱炎の場合はその基礎疾患の治療を行います。
 
慢性膀胱炎を引き起こす基礎疾患として、膀胱結石や糖尿病、腫瘍、尿路結石などが考えられます。
 
 

膀胱炎の自然治癒は可能なの?

 
急性膀胱炎の場合は軽度の時のみ自然治癒も選択肢の一つに入ります。
 
抗生物質や抗菌薬を使用することで細菌に耐性ができ、ほかの病気の時に効果が薄まる可能性があるからです。
 
自然治癒の場合は医師の指導のもと適切な栄養摂取や休息をとることで身体の免疫力を回復させます。
 
しかし一度治ったように見えても膀胱炎の原因の菌が完全に取り除かれたわけではないので、再発する可能性もあります。再発を繰り返し慢性化する危険性もあるため、一度治ったように見えても再発の兆候がある場合は医療機関を受診しましょう。
 
 

膀胱炎を予防するにはどうしたらよい?

 
膀胱炎の予防は「清潔にする・抵抗力を保つ・細菌を増やさない」です。
 
普段の生活習慣を変えることで膀胱炎を予防することも可能です。
 
100%予防することは難しいですが、発生発症しづらくはなるのでぜひ試してみましょう。

 
 

水分を多く摂取する

日常的に水分を多く摂取することで尿の頻度が増します。尿は老廃物を外に排出するだけではなく、膀胱や尿管の細菌や汚れを流す作用もあります。水分を多く摂取することで膀胱、尿管の清潔を保つ効果が期待できるでしょう。
 
なお、利尿作用の強いカフェインが含まれている飲み物(緑茶やコーヒー)がおすすめです。
 
 

トイレを我慢しない

トイレを我慢すると膀胱に負担がかかります。尿意を感じたら我慢せずトイレに行くようにしましょう。
 
 

性器や肛門周辺を清潔に保つ

性器や肛門周辺が不衛生な状態だと膀胱炎の原因となる菌が繁殖しやすくなります。性器や肛門周辺は常に清潔を保つようにしましょう。
 
特に排尿、排便時にまず尿道口を起点として拭くことも重要です。下着もこまめに替えましょう。
 
ただし、ビデで尿道口周辺を過度に洗うのは、逆に炎症を起こしやすくなるので注意しましょう。
 
 

性行為を行った際はなるべくはやめに排尿をする

性行為を行うと膣周辺から尿道へ菌が侵入しやすくなります。性行為が終わったらなるべく早めに排尿を行い、菌を洗い流すことが重要です。
 
 

疲労やストレスを貯めない

疲労やストレスを貯めると免疫機能が衰えます。疲労、ストレスを完全になくすのは難しいですが、なるべく適度に休息をとり、疲労回復、ストレス解消に努めましょう。
 
 

膀胱炎にはクランベリーが効果ある?

 
ちなみに、クランベリーが膀胱炎に効果的ということが一般的にいわれます。
 
「JAID/JSC 感染症治療ガイドライン 2015-尿路感染症・男性性器感染症-」によると、閉経後の高齢女性は、若い女性に比べると膀胱炎をくりかえしやすく、治りにくいとされており、クランベリージュースが、膀胱炎の再発予防として50歳以上の女性に対して有効であることが報告されています。
 
ただしこれは「どのようなジュースを、どれくらい飲めばよいか」など、条件をきちんと設定したうえで出た結果です。
 
また、クランベリージュースはあくまで食品であり、クランベリーの濃度やクランベリー以外の成分なども商品によってさまざまです。
 
ですから、クランベリージュースを飲んだから必ず予防や再発予防ができる、と考えるのではなく、あくまで補完的な民間療法と考えるようにしましょう。
 
そのほか、本ガイドラインでは、再発や治療困難な例については原因を探ることが重要とされています。
 
 

ドラッグストアで買える「膀胱炎の市販薬」について

 
膀胱炎の市販薬は漢方薬が中心で、排尿痛による排尿困難に対して効果を示します。
 
漢方医学でいうところの腎は水の代謝(尿の生成)や生命エネルギーの貯蔵を担います。
 
特に以下の3種類の漢方薬が膀胱炎に使用されます。
 

猪苓湯(ちょれいとう)第2類医薬品

 
体力を考えずに幅広く使用可能です。排尿を促す作用が強く、頻尿、残尿感、排尿痛、血尿などの排尿障害に適します。残尿感や膀胱の炎症が長引く場合に使用します。
 
 

五淋散(ごりんさん)第2類医薬品

 
体力が弱すぎず強すぎない中間の人の慢性尿路症に適します。五淋散の淋は尿が出渋って、ポタポタしたたるという意味です。
 
尿路の熱や腫れ、痛みを和らげて尿の出を改善する処方です。(「ボーコレン」という名前でも市販されています。)
 
 

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)第2類医薬品

 
体力があり、尿道炎・膀胱炎で、症状が比較的激しい急性、慢性・炎症に適します。
 
 
以下の薬は排尿障害改善作用があり、必ずしも膀胱炎を伴わない頻尿などの排出障害、蓄尿障害に対して効果を示します。
 

八味地黄丸(はちみじおうがん)第2類医薬品

 
胃腸が丈夫で比較的高齢、疲れやすく、手足の冷えがある人に最適です。軽度な前立腺肥大に伴う頻尿、夜間頻尿、過活動膀胱、排尿困難、かすみ目、性機能低下、足腰の弱りに用います。
 
胃腸の弱い人、下痢しやすい人には不適で、特に妊婦の方は避けてください。
 
 

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)第2類医薬品

 
八味地黄丸と同じ、手足の冷えや下肢のしびれ感、浮腫、関節痛、腰痛などの痛みがより強い場合に使用します。
 
八味地黄丸にゴシャ、シャゼンシを加えて、下半身の筋肉を強めて、利尿を促します。こちらも妊婦の方は避けてください。
 
 

六味丸(ろくみがん)第2類医薬品

 
八味地黄丸や牛車腎気丸で、のぼせる人や八味地黄丸から体を温めるケイシとブシを除いた処方です。冷えのない人に適しています。
 
排尿障害、前立腺肥大に用います。こちらも妊婦の方は避けてください。
 
 

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)第2類医薬品

 
神経質で胃腸やストレスに弱く、冷えが強い場合の尿路不定愁訴(残尿感、頻尿、排尿痛)に適しています。
 
糖尿病がある場合や八味地黄丸で胃腸障害が出る方、女性の腹圧性尿失禁など、炎症を認めない場合に適しています。
 
 

腎仙散(じんせんさん)(第2類医薬品)

 
「腎仙散」には15種類の生薬エキスが配合されていますが、その中でもタクシャ、チョレイ、ブクリョウ、ソウジュツ、ケイヒは強い利尿効果を持つといわれる漢方「五苓散(ごれいさん)」の処方生薬です。
 
五苓散は、余計な水分が体内にたまって起こるさまざまな症状を改善させる効能を持ち、下痢や口の渇き、ムクミといった症状にも効果があります。
 
五苓散に加えて、抗菌作用を持つウワウルシなどを配合することで、膀胱炎への対処能力を強めたお薬が「腎仙散」といえるでしょう。以前は膀胱炎に効果のある抗菌薬が薬局で販売されていたのですが、現在は、効果のある一般用医薬品は生薬エキス製剤だけになりました。
(※参考:腎仙散サイト
 
 

即効性を求める場合は病院へ

 
市販薬は、病院で処方してもらえる薬に比べて即効性が無く、効果がでるまで時間がかかります。
 
市販薬に即効性がない理由は、膀胱炎の市販薬には、処方薬のような抗菌効果を持つ抗生物質ではなく、利尿作用を持つ漢方成分しか含まれないためです。
 
症状が進行している場合や、とにかくすぐに治したいという方は、医療機関を受診するべきでしょう。
 
 

「膀胱炎の治し方」 まとめ

 
膀胱炎は、尿道から細菌が侵入し膀胱内の粘膜で繁殖し炎症を起こすため発生します。細菌の侵入、増殖による急性膀胱炎と細菌や基礎疾患による慢性膀胱炎の2つに分けられます。
 
原因が細菌の場合には、抗生物質や抗菌薬による治療を施し、基礎疾患が原因の場合にはその疾患の治療をすることで治癒が完了します。
 
膀胱炎は、男性より女性に多い疾患ですので、恥ずかしがらずに、少しでも違和感を感じたら早期に泌尿器科などの医療機関で診察を受けましょう。

大見 貴秀
 
大見 貴秀 署名
 
<執筆者プロフィール>
大見 貴秀(おおみ・たかひで)
医師、ヘルスケアライター。麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本抗加齢医学学会会員。
本業である麻酔科医としての活動の傍ら、病気・疾患の予防を啓蒙するためヘルスケアライターとして活躍。
 
<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

編集部オススメリンク(外部リンク)

 
関連した情報として以下のものがあります。ご参考にしてください。

 
◆重症化すると、出血性膀胱炎などの疾患を引き起こす咽頭結膜熱患者が2017年2月以降急増中とのことです。(2017年3月22日時点)詳細は、国立感染症研究所「感染症発生動向調査」をご覧ください。
 
 
◆兵庫県保険医協会が提供する、繰り返す膀胱炎への対処法について説明した動画
 

 
◆Mocosuku運営の姉妹サイト
 
膀胱炎の薬 とはどんなもの?どうやって炎症を抑えるの?
 
膀胱炎で血尿 !? 膀胱炎による血尿の原因・症状・対策を解説
 
膀胱がんの症状 とはどういうもの?原因や予防法は?
 
尿検査で蛋白 が検出された!どういう病気の可能性がある?
 
尿蛋白の原因 はなに? 尿検査の基本事項から詳しく解説
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。